ニュース、コンピュータ、日記・・・さまざまなテーマを持つブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

r進法①

r進法についての説明です。

出題分野:基礎理論

r進法とは

r進法とは、数の表現方法です。
0からr-1までのr個で数を表します。

例:
日常で使用しているのは、0から9までの数字で数を表す「10進法」です。
0,1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,・・・というように数を表現します。

コンピュータの世界で使用しているのは、0と1までの数字で数を表す「2進法」です。
0,1,10,11,100,101,110,111,1000,1001,1010,1011,・・・というように数を表現します。

他に、コンピュータの世界で使用しているのは、0からFまでの数字とアルファベットで数を表す「16進法」があります。
0,1,2,3,4,5,6,7,8,9,A,B,C,D,E,F,10,11,12,・・というように数を表現します。

例のように、r倍ごとに桁が上がるので、rをr進法の基数(各桁の重み付けの基本となる数)といいます。

r進数の書き方

r進法で表される数をr進数といいます。
r進数には書き方があります。

書き方:数(r)

日常生活では、数の後に基数をつけることはまずありません。
それは、日常生活では、数=10進法という暗黙のルールがあるからです。
しかし、10進数、2進数、16進数などが混在する場合は、見分けがつかなくなってしまうため、基数をつけます。

例:10(10)、10(2)

例のように表現すると、10(10)は、日常生活の10。
10(2)は、日常生活の2というようにわかります。

まとめ

・r進法とは、数の表現方法のこと
・rを基数という
・r進法で表される数をr進数という
・r進数の書き方:数(r)

用語

・r進法
・基数
・r進数
・2進数
・10進数
・16進数
関連記事
詳しい解説、ありがとうございます!

勉強させていただきます!
[ 2013/03/13 23:09 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
師子乃 さん
コメントありがとうございます。
勉強のお役に少しでも立てたかと思うと光栄です。
ただ、大変申し訳ございませんが、当テーマ「応用情報技術者試験」はしばらく更新する予定がありません。
応用情報技術者試験を受験する予定があり、勉強しつつ記事を書いていたのですが、諸事情により、当面受験しないことに決めたからです。

続きの記事を楽しみにしていたら本当にごめんなさい。
[ 2013/03/13 23:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

おすすめ
ブログランキング
バナーをポチっと押して、応援お願いします。
プロフィール

M

Author:M
性別:男
住まい:長野県

さらに詳しく見る



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。