ニュース、コンピュータ、日記・・・さまざまなテーマを持つブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

光より速いニュートリノでタイムマシン可能

名古屋大などの国際研究グループが、ニュートリノは光より速いという実験結果を23日に発表した。
これが本当ならば、アインシュタインの相対性理論が覆され、「タイムマシン」が可能になると、東大の村山斉・数物連携宇宙研究機構長は驚きを隠さない。

詳細は、Yahoo!ニュース


ニュートリノやら、相対性理論やら、難しい用語がいろいろと並んでいるが、「タイムマシン」という言葉はとても興味深い。
タイムマシンといえば、管理人が子供の頃、よくテレビで見ていたアニメ「ドラえもん」の秘密道具の一つ。
時空を超えて、恐竜の時代に行くことだってできる。
タイムマシンがあったらいいなと思っていた反面、実際にありえない夢物語と思っていた。

それが、「タイムマシン可能」というニュース。
しかも、おえらい東大の人が言っているのだから、間違いない!?

ところで、そもそもなぜタイムマシンが可能かといえば、相対性理論の話になる。
アイシュタインの相対性理論によると、
「物体が光の速さに近づくと、時間の流れが遅くなり、さらに光の速さに近づくと、時間が止まる」
「物体は光の速さを超えることはできない」
などというものである。

つまり、物体の速さが光を超えたら・・・?
光の速さの先は、時間をさかのぼることかもしれない。
ただし、相対性理論上、物体は光の速さを超えないため、それは不可能とされていた。

ところが、光より速いとされる物質が見つかった。
それが「ニュートリノ」
この光より速い物質の出現により、タイムマシンが可能なのでは?ってことになった。


ニュースって暗めのものが多いから、こういう夢のあるニュースは楽しいですね。
少なくとも、管理人はそう思いました。


他のニュースも気になる方はブログランキングへどうぞ
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

おすすめ
ブログランキング
バナーをポチっと押して、応援お願いします。
プロフィール

M

Author:M
性別:男
住まい:長野県

さらに詳しく見る



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。